不動産取引ガイド

ハザードマップを確認していますか!?

常総市で大雨による堤防決壊のニュースが連日のように報道されています。

 

今回のケースで話題にもなったのが、ハザードマップの重要性です。

対策本部を設置した市役所が水没したという報道もありましたが、ハザードマップによるとやはり2mまでの浸水が予想されていたエリアのようです。

 

50年に1度の記録的大雨が観測されたり、スーパー台風が発生したりと、想定外の災害が発生する可能性を無視できない状況になってきています。今後このような大規模自然災害が増えてきた場合、よりハザードマップが重視される風潮が高まってくるのではないでしょうか。

 

ハザードマップは、インターネットで簡単に閲覧が可能です。

http://disaportal.gsi.go.jp/

 

生活の安全面を確保するという意味だけでなく、ハザードマップで災害予想エリアとされている立地については、買い手がつかないという資産性確保の観点も、ぜひ住宅購入の際には考慮していただきたいと思います。

 

リニュアル仲介株式会社 法務部

 

———————————————–

「資産となる不動産を真剣に考えるセミナー」

・マーケットを知る
・資産性とは何か
・リスクを考える
・減税・補助金
・私達ができること

↓ 詳細はコチラ ↓
http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0

9月26日(土)10月24日(土)11月21日(土)

———————————————–

ピックアップ記事

  1. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  2. 買ってはいけない物件を自分でチェック
  3. 立地適正化計画をご存知ですか?
  4. 危険な場所は 地形図で見分ける
  5. 住宅購入と 生涯の資金計画

関連記事

  1. 不動産取引ガイド

    なぜ、不動産事業者選びを最初にするのが重要なのか?

    エージェントの中田です。前回、「住宅購入の初期段階で、あなたのやる…

  2. お金・ローン・税金

    親の土地に家建てる時は税金がかかるの?

    家を建てるとき、自分の親または配偶者の親が所有している土地を使うことが…

  3. 不動産取引ガイド

    検査済証!?

    検査済証とは建築基準法で定められた「建築確認、中間検査、完了検査」…

  4. 不動産取引ガイド

    どの面積が正しいの?~マンションの床面積~

    不動産を購入する際の、良くある質問のひとつが「買ったマンションの面積は…

  5. リニュアル仲介通信

    平成27年1月 「工法」「構造」によって耐震診断・かし保険ができない場合があります。

    住宅の工法とは、家の躯体(骨組み)をつくる方法のことです。工法によって…

  6. お金

    不動産の共有状態を解消する方法

    前回、不動産を共有することの問題点についての記事を書きましたので、今回…

  1. リノベーション

    中古住宅だからこそ実現できたこだわりのリフォームと 快適な住空間
  2. 不動産取引ガイド

    旭化成建材、ジャパンパイルの杭問題では「曳家」の出番はない?!
  3. 不動産取引ガイド

    まさかの備えに自宅の標高を把握しておきましょう!
  4. 欠陥・トラブル

    相続法がかわりました!~わかりやすい民法改正~
  5. デザイン

    活かせるものは再利用。味のある雰囲気で居心地の良い仕上がりになりました。
PAGE TOP