不動産取引ガイド

家を選ぶ「判断基準」を理解してからスムーズに・・

弊社を通じてマンションを購入頂きましたHさま。

実は、弊社にお越し頂く前に他の不動産会社さまに複数行っていらっしゃいました。
当時は不動産ポータルサイトを見ては、問い合わせをしてみて内見をされていたそうです。
気になる物件は購入にあたり、営業マンにいろいろ質問してみても都合が悪いことは明確な回答が得られず、スッキリしない。
何か不動産会社のペースになり、言いくるめられそうだとすごく不安を覚えたそうです。

それでもいくつも物件を見続けたそうですが、何を基準に選んだらよいかが分からないので決めきれない、でも誰を信用してよいかもわからない・・という事で悩んでいらっしゃいました。

そこで、物件を探すのではなく、買主側に寄り添ってくれる業者を探し出したところ、「バイヤーズエージェント」というキーワードで弊社を見つけて頂きました。

H様は、まず最初に弊社の「住宅購入セミナー」にご参加頂きました。参加後は、家購入に対する考え方も根本的に変わり、購入の判断基準が明確に。今までのモヤモヤから解放され、迷いが吹っ切れたそうです。その時のことを振り返ってセミナーに参加された時の感想を頂きましたので、皆さまにもご紹介します。

住宅購入で悩んでいる方は、是非ご参加ください。
どんな視点をもって、どのような物件を購入すればよいかがわかります。

■【セミナー内容 一部ご紹介】
・今後の人口減と住宅の関係
・家を3回以上買い替える?
・売却(出口)を考えた住宅購入とは?
・資産価値が下がりにくい立地とは?
・なぜ与信力の高い人は新築を選択しないのか?
・リセールバリューと賃料の関係
・資産価値が下がりにくい物件を賢く選択
・家選びの3要素とは?
・こんな判断基準は失敗する
・買わない方が良い土地
・買わないほうがよい戸建、マンションとは?

セミナーお申込み・詳細は、こちらから
http://www.rchukai.jp/semi/

バイヤーズエージェント中田でした。

ピックアップ記事

  1. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  2. 買ってはいけない物件を自分でチェック
  3. 住宅購入と 生涯の資金計画
  4. 土地価格の相場を知る方法
  5. 危険な場所は 地形図で見分ける

関連記事

  1. 不動産取引ガイド

    海外赴任者 帰任に備えた日本の家探し 4 【事前準備~売買契約締結 編 2/9】

    「海外赴任者 帰任に備えた日本の家探し」シリーズ。今回は、帰国前に行な…

  2. 不動産取引ガイド

    海外赴任者 帰任に備えた日本の家探し 1 【全体スケジュール 編 1/2】

    海外赴任が終わり、日本に帰国した後の住まいを、できるだけ早く決めておき…

  3. 不動産取引ガイド

    住みたい街ランキング上位の吉祥寺。意外な過去の歴史をご存知ですか?!

    住宅情報誌などでは、常に住みたい街ランキングで上位の座に君臨する武蔵野…

  4. 不動産取引ガイド

    WEBアプリを活用して不動産価格などを透明化する?!

    不動産業界で中古マンションの適正価格を人工知能(AI)で推定したり、各…

  5. 不動産取引ガイド

    IT重説が仮スタート!不動産取引のIT化は加速するのか?

    令和1年10月1日より、ITを活用した不動産売買に係る重要事項説明等の…

  1. 不動産取引ガイド

    お子さんが進んで勉強する部屋!?
  2. 不動産取引ガイド

    中古住宅の取引は「仲介会社選び」が最も重要です
  3. リニュアル仲介通信

    建物状況調査(インスペクション)とは?
  4. リニュアル仲介通信

    旧耐震マンションを 選択するリスクとは?
  5. マンション

    古いマンションは今後どうなっていく?
PAGE TOP