© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

資金計画の練り直しが希望の住まい発見の糸口に

地元・大手不動産会社に相談するも良い物件に巡り会えず
資金計画を具体的に検証し購入予算の増額が可能と判断

これまでご夫婦2人で社宅暮らしをしていたOさん。ご主人が間もなく50歳を迎える時期になり、定年直前に慌てて住まい探しをすることにならないよう、早めに動くことにしました。
都内に長年住んでおり生活の便利さを身をもって感じていることや、将来のリセールバリューも考慮して都心5区のマンションに限定。購入予算は8,000万円、広さはお互いの空間を確保できるよう70㎡以上に設定しました。早速、希望エリアの地元不動産会社や勤務先と提携関係にある大手不動産会社に相談し、20件以上の物件を回ってみたものの、なかなか良い物件に巡り会えません。不動産会社の話によれば「東京の不動産は品薄状態だから仕方がない」とのこと。正直、行き詰まりを感じていました。
そんな時、知人からリニュアル仲介を紹介され、まずは個別相談を受けてみることにしました。他の会社では、その会社が得意とする狭い範囲内での物件提案しかったのに対し、リニュアル仲介では個別の物件の提案の前に、対象としている都心5区全体の㎡単価等、相場を俯瞰する為の情報を踏まえて方針の打合せを進めることができました。また、リニュアル仲介の「物件照会個室ラウンジ」で自分達でも販売中物件を検索してみることで、当初設定していた希望の予算・エリア・広さのバランスに少し無理があることが分かり、予算の増額を選択肢に加えることにしました。
10年後の退職金で住宅ローンを完済する計画でいた為、10年間で負担する費用の総額を複数の銀行、複数の金利プランで比較し、最も合理的なローンを見つけることができました。その他、住宅ローン控除で戻ってくるお金や、現在加入している生命保険よりも住宅ローンとセットになっている団体信用生命保険に特約を加える方が安く済むこともわかりました。

高額な買い物に対する不安から当初の予算を設定いたのですが、細かな数字を具体的に計算していくことで心配もなくなり増額可能と判断。地域相場と予算のミスマッチが解消され、納得できる物件を見付けることができました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

住宅関連ニュースも鵜呑みにしてはいけません

情報があふれかえる状況で、その内容を鵜呑みにしてはいけない、というのは「言われなくてもわかってるよ!」ということなのでしょう。ただ、あまりに…

一建築物一敷地の原則とは…

この意味は建築基準法施行令第1条の用語の定義で、 「敷地とは 一の建築物又は用途上不可分の関係にある二以上の建築物のある一団の土地をいう」…

実測売買と公簿売買の違い

土地の登記記録にはそれぞれの土地面積が記載されているものの、その面積と実際の面積が異なるために、トラブルへと発展することがあります。 …

相続時の不動産名義変更について

この度、相続の関係で不動産の名義変更を行う事になり、いろいろ手続きで不明な点等もありましたので、不動産を遺産相続する場合の名義変更について書…

2018 年6月度の不動産相場

公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2018 年6月度の不動産流通市場動向が発表されました。以下、首都圏エリアの中…

ページ上部へ戻る