デザイン

コンセプトはリセールバリュー

資産価値優先のお住まい探し。
費用は最小限でもこだわり満載の空間を実現!

元々10年、20年と長く住むという意識はなく、お子様が小学校に上がるタイミングで再度買い替えを希望されていたIさん。3年~5年後でもリセールバリューの高い立地を優先してお住まい探しをされていました。資産価値優先の住宅購入だったので、やはり悩みの種だったのが価格の妥当性。仲介の担当者が過去の取引事例や周辺相場を提示し、納得して物件購入されました。

もともと10.8帖のリビングと6帖の洋室に区切られていた間取りだったのですが、間仕切り壁を撤去し、16.8帖の広々としたリビングに。可動間仕切りを設置して、もとの6帖洋室としても機能する可変性のあるリビングになりました。

2015.1月事例4

もともとあった間仕切り壁を撤去し大きなリビングを実現しました。 可動間仕切りで、独立した部屋としても利用可能。

キッチンからリビング・ダイニング・子供の遊びスペースまですべて見渡せるので奥様が大変喜ばれております。
リセールバリューがコンセプトなので、リフォームにかける費用も必要最小限に。Iさんが業者に依頼したリフォームは間仕切り壁の撤去とクロスの張り替えのみ。まだ築9年ですので使えるものはそのまま利用されています。トイレの壁紙は1面だけ青に、キッチンは鮮やかな赤に塗装。

2015.1月事例3

既存のキッチンに赤いシートを添付。トイレは1面だけ青の壁紙を選択。ちょっとした工夫ですがお部屋の印象が大きく変わります。

ウォールアートを貼り付けたお部屋もあります。

2015.1月事例5

大胆なウォールアートを施した壁。平面ではなく凹凸のある角に設置したことがポイント。こういった遊び心が形にできるのも中古+リフォームの良い所です。

リビングにはご主人が集めた廃材を1面に貼り付けた壁を設け、色彩にメリハリのあるおしゃれな仕上がりになりました。事業者に依頼するリフォームはなるべく最小限で抑え、DIYで工夫するという選択肢も、中古住宅購入ならではの楽しみ方です。

 

2015.1月事例2

ご主人が集めた木材をDIYで壁に貼り付け。既成品にはない趣のある壁に仕上がりました。

2015.1月事例6

ピックアップ記事

  1. 危険な場所は 地形図で見分ける
  2. 住宅購入と 生涯の資金計画
  3. 立地適正化計画をご存知ですか?
  4. 買ってはいけない物件を自分でチェック
  5. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?

関連記事

  1. リノベーション

    既存住宅売買かし保険を付帯することで住宅ローン減税が適用に!

    大手ハウスメーカー建築案件で耐震診断ができない!?かし保険活用で住…

  2. デザイン

    駅徒歩6分の好立地 築36年の古い木造住宅を快適住宅に再生

    大規模リフォームで新築同然に再生家族が安心して暮らせるよう随所に見…

  3. リノベーション

    譲れない条件を明確にすることで 思い通りの物件購入を実現

    物件のメリット・デメリットを包み隠さず情報提供。不動産仲介会社と二…

  4. リノベーション

    限られた条件と予算の中で 誰と一緒に家を探すかが重要

    インスペクションをすることによって安心して購入。 限られた予算の中…

  5. リノベーション

    中古戸建てのリスク=劣化の有無きちんと検査して対策を講じれば家は長持ちします。

    既存住宅売買かし保険の検査基準は劣化の判断基準。 購入判断材料とし…

  1. 不動産取引ガイド

    テレワークが普及し、俺の隠れ家的ガレージが増えている?!その設置時の注意点とは?…
  2. 不動産取引ガイド

    フルフラットキッチンとは⁉
  3. 不動産取引ガイド

    2021年 今年の不動産市況を振り返ってみて
  4. 不動産取引ガイド

    機械式駐車場が余っているマンションは注意が必要!
  5. 不動産取引ガイド

    インスペクションは意味がないのか?
PAGE TOP