リノベーション

2回の建物インスペクションでようやく辿り着いた安心の我が家

新築分譲時1億超えの物件をお得に購入!
構造・劣化の問題を解決し安心して暮らせる家を実現

Kさんはゆっくりと子育てができる環境を求めて、閑静な住宅街を中心に家探しをされていました。ご予算と希望エリアの関係で物件探しは難航。そんな中見つけたのが築25年の戸建てでした。凝った造りの注文建築でお庭も広く、内見ですっかり気に入ったKさん。ところが建物インスペクションを実施すると数々の問題が発覚し、改修費用で予算オーバーとなってしまうのでこの物件は見送ったのでした。(詳細は平成26年12月号)

2015.2月事例5
それでも根気よく物件探しを続け、ようやく辿り着いたのがこの家です。新築分譲時には1億1千万円で販売されていた物件で、駅から距離はあるものの生活に必要な施設が近所に揃っており生活に便利な立地です。物件は2×4工法で耐震性にも期待をしていたのですが、1件目と同じく建物インスペクションで構造面での問題が指摘されました。しかし、対応した建築士の計算では2ヶ所の壁補強で構造面の問題がクリアできることがわかり、また、数年前に外壁・屋根の塗装工事を行っていたので、その他の改修工事が不要で、思った以上にリフォーム費用が抑えられることがわかり、購入することに決めました。

 

建築士による建物インスペクションの様子。床下、小屋裏など隅々まで確認いたします。

建築士による建物インスペクションの様子。床下、小屋裏など隅々まで確認いたします。

基礎のひび割れ(2ヶ所)はエポキシ樹脂による補修を行いました。

基礎のひび割れ(2ヶ所)はエポキシ樹脂による補修を行いました。

調査で発見された蟻道(シロアリの形跡)。シロアリ消毒を実施しました。

調査で発見された蟻道(シロアリの形跡)。シロアリ消毒を実施しました。

当初は使える設備はそのまま利用して、リフォームは壁紙の貼り替えと2階の和室を洋室に変更する程度に抑えるつもりだったKさんですが、リフォームの打ち合わせを重ねるうちに、お風呂とキッチンはこの機会にリフォームすることに。コストを抑えつつも快適な生活が実現し、大満足のKさんでした。

 

 

当初はそのまま利用するつもりだったお風呂もキッチンも、この機会に新しいものに取り替えました。

当初はそのまま利用するつもりだったお風呂もキッチンも、この機会に新しいものに取り替えました。

 

 

ピックアップ記事

  1. 買ってはいけない物件を自分でチェック
  2. 土地価格の相場を知る方法
  3. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  4. 住宅購入と 生涯の資金計画
  5. 危険な場所は 地形図で見分ける

関連記事

  1. リノベーション

    リフォーム済み物件でも 過信は禁物

    劣化改修・耐震改修・断熱改修…性能向上リフォームで築47年の物件が…

  2. マンション

    「資産価値重視」の住宅購入

    何を基準に住宅購入をするのか半年間も迷走。リニュアル仲介のセミナー…

  3. リノベーション

    建物インスペクションで性能を確認劣化・構造ともに問題のない好物件と出会えました

    築24年の物件ですが、耐震基準をクリアした珍しい案件大きな費用をか…

  4. リノベーション

    中古戸建てのリスク=劣化の有無きちんと検査して対策を講じれば家は長持ちします。

    既存住宅売買かし保険の検査基準は劣化の判断基準。 購入判断材料とし…

  5. リノベーション

    壁補強1カ所と劣化改修だけで 耐震基準をクリア

    中古木造住宅の購入には、建築士による建物インスペクションが欠かせま…

  6. デザイン

    古屋が持つ重厚感。 新築にはない既存住宅ならではの味わいを活かす。

    普通は建て替えますよね? でもこの建物と庭が好きなんです…。も…

  1. 不動産取引ガイド

    権利証をなくしてしまったら!?
  2. 不動産取引ガイド

    自宅の事後防災の優先順位
  3. かし保険

    【瑕疵保険⑥】売主が個人の場合 後編
  4. 不動産取引ガイド

    家を買おうと思ったら、まず最初にやるべきポイントと5つの行動手順
  5. 不動産取引ガイド

    中古住宅・マンション購入後の資産価値の下がり方とは?!(前編)
PAGE TOP