不動産取引ガイド

「農地付き空き家・店舗付き空き家」の探し方

平成30年4月から、「国土交通省 全国版空き家・空き地バンク」の本格運用が開始されました。「全国版空き家・空き地バンク」には、本年3月末時点で、全国の492自治体が参加し、民間不動産情報サイトLIFULL版バンクには2,411件、アットホーム版バンクには1,004件の空き家等の情報が掲載されており(※)、今後、更に登録数が増えていく予定です。

※ 一部、2事業者に重複して掲載されている物件があります。

昨年10月からの試行運用過程においても、既に142件(売買101件、賃貸41件)が成約につながっているとのこと。

今回の本格運用にさいして、物件検索の新たな指定条件として「農地付き空き家・店舗付き空き家」が増えました。また、地域のハザード情報や生活支援情報なども表示されるようになり、利便性が向上しています。

買いたいと思っている人と、手放したいと思っている人とのマッチングを最大化させることが、家の価値を最大化につながります。今後も、ITの活用により、情報の非対称性解消が益々進むことを期待したいものです。

◆国土交通省 報道・広報

http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo16_hh_000167.html

以上、リニュアル仲介本部パイロット店 エージェント石川でした。

***************************************************

■不動産の資産価値を即座に判断

セルフインスペクションアプリ「SelFin」

https://self-in.com/ (ご利用は無料です)

**************************************************

ピックアップ記事

  1. 土地価格の相場を知る方法
  2. 買ってはいけない物件を自分でチェック
  3. 立地適正化計画をご存知ですか?
  4. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  5. 危険な場所は 地形図で見分ける

関連記事

  1. 不動産取引ガイド

    ZEH(ゼッチ)【 省エネ住宅シリーズ】

    ZEHゼッチ(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは「住宅の断熱性…

  2. 不動産取引ガイド

    「本気の街づくり」を目指した豊島区!

    2014年5月に豊島区は23区で唯一、「消滅可能性都市」と指摘されたこ…

  3. 不動産取引ガイド

    違法広告「ステカン」を調べてみました

    「ステカン」または「マキカン」という言葉をご存じでしょうか?不動産…

  4. お金

    実質定年から逆算する ローンの安全な借入れ時期

    現在、ほとんどの企業の定年は60歳になっています。ただし再雇用制度があ…

  5. 不動産取引ガイド

    団地再生プロジェクト始動?!団地の未来はどうなるのか!

    国土交通省は複数の棟で構成された団地型の分譲マンションの老朽化に対応す…

過去記事

  1. 不動産取引ガイド

    稼ぐ都市農家が増えている?!しかし、不動産の『2022年問題』が・・・!
  2. 不動産取引ガイド

    コールドドラフト現象とは
  3. お金・ローン・税金

    そろそろ家を買おうかなと思い始めている方へ
  4. 不動産取引ガイド

    固定資産評価額の上昇に注意!
  5. 不動産取引ガイド

    【瑕疵保険①】中古住宅の保証って?
PAGE TOP