© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

旧耐震マンション 住宅ローン控除と耐震基準適合証明書 ≪続編≫

先日投稿した「職場の地震倒壊リスクを確認!学校、よく行く商業施設、耐震性は大丈夫?」はご覧下さいましたか?今回は、そこで触れている、自治体が発表した耐震診断結果の公表をふまえ、「旧耐震マンション 住宅ローン控除と耐震基準適合証明書≪3/3≫」の続編を書きたいと思います。中古マンション購入を検討している方にご活用頂きたい情報です。今回は、調べ方のご紹介として、リニュアル仲介が所在する東京都を例にとって、説明を進めていきたいと思います。

自治体の耐震改修促進計画のなかでは、公共施設や大規模商業施設以外にも、下記条件の全てを満たすマンションも、耐震診断実施義務付けの対象になっています。

【耐震診断義務付けの対象となるマンションの条件】

・敷地が特定緊急輸送道路に接する建築物

・昭和56年5月以前に新築された建築物(旧耐震基準)

・道路幅員のおおむね2分の1以上の高さの建築物

※詳細はこちら(http://www.taishin.metro.tokyo.jp/yuso/

「特定緊急輸送道路」というのは、簡単に言えば、震災時に避難や救急・消火活動、緊急物資輸送の大動脈となる幹線道路のことです。ここが、倒壊した建物によって塞がれてしまうと、上記活動が円滑に進まなくなってしまうので、倒れないように耐震化させなければならないということで、沿道の背の高い旧耐震基準の建物の所有者に耐震診断義務付け、耐震改修工事については努力義務と定められています。ちなみに、一般緊急輸送道路というのもありますが、こちらは耐震診断も努力義務となっています。下記サイトで、東京都内の緊急輸送道路図を見ることができます。

【東京都 緊急輸送道路図】

http://www.taishin.metro.tokyo.jp/yuso/roadmap/Map2.html?citycode=13201

さて、これを住宅購入にどのように活用するか?ポイントは、「旧耐震マンションは住宅ローン控除等が利用できないが、耐震基準適合証明書を取得できれば、ローン控除等が使えるようになる」というところです。「意味がよくわからない」という方は、過去に書いた下記の記事をご覧下さい。

旧耐震マンション 住宅ローン控除と耐震基準適合証明書(1/3)

旧耐震マンション 住宅ローン控除と耐震基準適合証明書(2/3)

旧耐震マンション 住宅ローン控除と耐震基準適合証明書(3/3)

今回公表された耐震診断結果の一覧を見てみると、レアケースではありますが、旧耐震マンションで「耐震性あり」の判定がでているものがあります。上記記事の中でご説明している「建築士が発行してくれるか?」というハードルもありますが、法律で義務化されて耐震診断を実施している以上、適切な方法で診断が行われているわけですから、耐震基準適合証明書を発行してくれる可能性は、ぐっと高まるはずです。中古マンション購入を検討なさっている方は、一度は公表内容を確認した方が良いと思います。

◆東京都が所管している建築物 耐震診断結果(23区)http://www.taishin.metro.tokyo.jp/tokyo/pdf/seismic_07.pdf?ver=20180427

※ 要安全確認計画記載建築物(特定緊急輸送道路沿道建築物)のみ記載。

◆東京都が所管する建築物以外の耐震診断結果

【新宿区】

http://www.city.shinjuku.lg.jp/content/000235207.pdf

【品川区】

http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/ct/other000093600/taishin01.pdf

【世田谷区】

http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/102/119/343/3433/d00158620_d/fil/tokuteikinnkyuu.pdf

【武蔵野市】

http://www.city.musashino.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/018/468/enndou_h30.04.20.pdf

【三鷹市】

http://www.city.mitaka.tokyo.jp/c_service/072/attached/attach_72203_4.pdf

※全て、 要安全確認計画記載建築物(特定緊急輸送道路沿道建築物)のみ記載。

※その他、八王子市、立川市、府中市、調布市、町田市、日野市、国分寺市、西東京市などはこちら(http://www.taishin.metro.tokyo.jp/tokyo/seismic_index.html

家を持っている方も、これから買う方も、確認しておくようにしましょう!以上、リニュアル仲介本部パイロット店 エージェント石川でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

木造戸建ての耐用年数は寿命という事なのか?

結論から先に言うと、『耐用年数=寿命』ではありません!! 戸建てはよく築20年で価値がなくなるという事を聞いた事があるかと思います。 こ…

不動産登記事項証明書がバージョンアップ!QRコードが追加されました!

令和2年1月14日から、法務局で取得できる不動産登記事項証明書(通称、登記簿謄本)の様式が変更され、QRコードが追加されるようになりました。…

昨年の改正相続法をご存知ですか?!課税という落とし穴にご注意下さい!

民法の相続規定(相続法)が2019年7月に大きく変わり、相続の際の税金の取り扱い方法にいくつか変更がありました。改正相続法は相続トラブルの回…

2019 年12月度の不動産相場

公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2019 年12月度の不動産流通市場動向が発表されました。以下、首都圏エリアの…

住宅ローン控除を受けるための確定申告の方法

家を買って住宅ローン控除を受ける場合、また一定要件に合うリフォームをして所得税の控除を受ける場合(リフォーム減税)は、購入・入居した年の翌年…

ページ上部へ戻る