不動産取引ガイド

「買いたいけれど、物件がない」を解消する方法は?

ここ最近、お住い探しのお悩みに「探しているけれど、物件がない」というご相談が増えている気がします。

毎日、インターネットのポータルサイトをチェックして、不動産会社にメール配信登録して、などとしているうちに、物件探しに疲れてしまったというケースもあるようです。

実際に物件は減っている?

東日本レインズが発表している「首都圏中古マンション件数」を見てみると、在庫件数(売り出されている物件の数)は、2019年11月から13か月連続で減少しています。

「新規登録件数」についても、減少傾向が続いています。

市場に出回る物件の数は、ずっと少ない状況が続いているのです。

物件の減少と成約価格の上昇

市場における物件の価格は、「需要と供給」で決まります。

まず「需要」に関していえば、コロナ禍による影響もありますが、あまり低下している印象はありません。
「この機会に家賃を掛け捨てしている賃貸から売買に変えたい」といった要望や、「テレワークに対応するために少し広い家が欲しい」などといったご希望をいただきます。

一方で、市場の物件が減っていますので「供給」は落ち込んでいます。

供給が減り、需要が増えれば、結果として「価格の上昇」につながります。

「首都圏の成約㎡単価」は2019年4月以降上昇基調にあります。

希望条件を改めて見直してみる

希望条件と市場の物件がマッチしない場合には、ご自身の希望条件を見直してみることも検討してみましょう。

まず予算についても、「なんとなく4000万円以下」といった決め方をしている方もいます。

予算については、物件探しを特に制限してしまう条件のひとつです。

予算を低く設定してしまったために、条件に合う物件数が極端に減ってしまい、結局資産性の低い、問題物件で決めてしまうこともあります。

それよりも、しっかりと資金計画を立てたうえで、資産性の高い物件を購入する方が、結果的にはご自身の財産形成を助けることにもなります。

つぎに、エリアの選定です。

「これまで住んできたから」、「馴染みがあるから」といった思いも大切ですが、予算と物件数を検討したうえで、思い切ったエリア変更をしてみることも、お住い探しの近道かもしれません。

我々も思いがけない場所で、住みやすい街や、便利なエリアに出会うこともあります。

ご自身でインターネットを駆使して探すこともありですが、エージェントにご相談いただければ、豊富な経験のなかからアドバイスをさせていただきます。

お住まい探しがうまくいかずにお悩みの方は、ぜひエージェントまで一度ご相談ください。

ピックアップ記事

  1. 危険な場所は 地形図で見分ける
  2. 買ってはいけない物件を自分でチェック
  3. 土地価格の相場を知る方法
  4. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  5. 住宅購入と 生涯の資金計画

関連記事

  1. 不動産取引ガイド

    業者に振り回されない心得

    売主様の家に担当者不在の中、案内に行った時のこと・・・売主様が…

  2. 不動産取引ガイド

    本日は立春!

    立春とは二十四節気の一つで陰暦正月節で春の季節の始まりになります。…

  3. 不動産取引ガイド

    カーポートに適用される建ぺい率の緩和措置とは?

    お客様からたまに聞かれる質問に、「カーポートは建築面積に含まれないので…

  4. 不動産取引ガイド

    2018 年7月度の不動産相場

    公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2018…

  5. 不動産取引ガイド

    消費税増税後の住宅購入

    2019年10月に消費税は10%に引き上げられる事が表明されました。…

  1. 不動産取引ガイド

    納得できる土地選びのポイント3
  2. 天災・事故等

    地震の備えはされてますか??
  3. 不動産取引ガイド

    地震保険金の早期お支払いに向けた対応について
  4. 不動産取引ガイド

    2021年最新のキッチンは?!
  5. 不動産取引ガイド

    マンション価格、3年で3割上昇!戸建ては横ばい。
PAGE TOP