不動産取引ガイド

熱中症警戒アラートとは?!

今年から、熱中症の予防を促す情報として、全国で「熱中症警戒アラート」が発信されます。いつでも、どこでも、誰でも、条件次第で熱中症になる危険性があります。気象情報をうまく活用して、自分がいる環境が熱中症の危険にさらされているかどうか確認することが大切です。

◆「熱中症警戒アラート」とは??

近年、熱中症によって救急搬送される人数は増加傾向にあり、死亡者数も増えています。

そのような状況下で、熱中症を予防するための行動を促す情報として発信されるのが「熱中症アラート」です。

これは、環境省と気象庁が提供する情報で、暑さへの「気づき」を呼びかけるもので、今年の4月28日から全国で運用されます。

これまでは、最高気温が概ね25℃以上になることが予測される場合に、高温注意報を発表して、熱中症への警戒を呼びかけていました。

熱中症アラートは、高温注意報に代わって、熱中症の危険性が極めて高い暑熱環境が予測される場合に発表されます。

  • 発表単位:全国を58に分けた府県予報区
  • 発表のタイミング:前日の午後5時および当日の朝5時
  • 発表基準:暑さ指数(WBGT)が33以上と予測した場合

◆暑さ指数(WBGT)では湿度が重要なポイントに

発表基準である暑さ指数(WBGT)とは、熱中症の危険性を示す指数で、気温・湿度・輻射熱(日差しなど)の3つの要素を取り入れて計算されています。

この中で湿度の効果が7割を占めていて、重要な要素となっています。湿度が高いと、汗が蒸発されにくく、体の中に熱がたまりやすいため、熱中症になる危険が高まります。

気温だけでなく、湿度もこまめに確認して、熱中症を予防しましょう。

◆熱中症警戒アラート発表時はいつも以上に万全の対策を

熱中症警戒アラートが発表されるのは、危険な暑さが予想される時です。

この情報が発表されたら、身の回りの環境を確認して、以下のような熱中症を予防する行動を実践するようにしてください。

①外出はできるだけ控え、昼夜問わずエアコン等で温度を調節

②屋外や空調のない屋内での運動は、原則、中止や延期を

③こまめな水分補給など、普段以上に熱中症を予防する行動を

④家族や身の回りの人に、熱中症に気を付けるように声をかける(高齢者や子供など熱中症のリスクが高い方は特に注意)

⑤暑さ指数(WBGT)を確認して、身の回りの環境を把握する

5月から6月にかけては、晴れると汗ばむ陽気となったり、雨の日は湿度が高く蒸し暑くなったりします。

本格的に暑くなる前から、自分のいる環境の熱中症の危険度を常に気にする習慣をつけることが大切です。

熱中症警戒アラートや気象情報などをうまく活用して、熱中症の危険性から身を守るための対策を心掛けてください。

住宅購入の際には断熱材などが入っている住宅を選ぶなど、購入時にも対策は可能かと思います。

熱中症は事前に意識していれば防ぐことが可能ですので、くれぐれも気を付けていただけたらと思います。

リニュアル仲介、前田でした。

ピックアップ記事

  1. 危険な場所は 地形図で見分ける
  2. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  3. 立地適正化計画をご存知ですか?
  4. 土地価格の相場を知る方法
  5. 買ってはいけない物件を自分でチェック

関連記事

  1. 不動産取引ガイド

    国の政策にアンテナ張っていますか?

    我が国の住宅政策は、平成18年に施行された「住宅生活基本法」に基づいて…

  2. 不動産取引ガイド

    2018 年11月度の不動産相場

    公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2018…

  3. 不動産取引ガイド

    自分のことのように仲介する!買い替え・間取り変更を行う際は、リニュアル仲介なら安心です!

    今回、マンションから戸建て住宅への買い替えの方の事例をご紹介させていた…

  4. 不動産取引ガイド

    安売りしている土地の理由<但し書き道路>

    目を引くような安さで売り出されている土地を見つけたとします。「…

  5. お金・ローン・税金

    不動産取得税の「軽減措置」が重要になる!

    不動産を取得した際にかかる「不動産取得税」前回では、「不動産取得税…

  6. 不動産取引ガイド

    燃えない街づくり

    「木密(もくみつ)地域」という言葉をご存じでしょうか。正式には…

  1. お金・ローン・税金

    フラット35がお勧めな理由
  2. お金・ローン・税金

    【忘れてはならない控除について(地震保険)】
  3. マンション

    マンションの財務状況の調べ方
  4. 不動産取引ガイド

    火災保険の基礎知識 知っておきたいポイント(その1)
  5. 不動産取引ガイド

    人口減少時代の都市開発(コンパクトシティ化)が遅れている?!
PAGE TOP