お金・ローン・税金

非正規雇用契約労働者のローン申込みについて…

 

リニュアル仲介ローン担当です。
先日、弊社会員企業様よりお問い合わせをいただきました。

「派遣社員の方なのですが、フラット35のお申込みは可能ですか?」
A.可能です。
フラットでは、派遣社員の方、契約社員の方もお申込みいただけます。
条件は、最低1カ月分のお給料を受け取っていて、その給与明細が発行されていること。
年収は発行済みの給与明細(毎月もらうもの)から算出して審査をします。

派遣社員でも、契約社員でも、正社員でも、お勤め先が変わった直後の方は、この方法で年収を算出します。
前勤務先の年収は基本的には関係ありません。

住宅ローンの借り入れ条件が厳しそうな方、是非フラット35でのお借り入れも検討してみてください。

「金利が高い」

確かに「今の」変動金利に比べれば高いかもしれません。

でも、1.47%(今月の21年以上35年以下の金利)から更に下がったとしても、ゼロになることはありません。
下がり幅は1%程度です。上がり幅は何%あるかわかりません。

是非毎月の金利の変動に左右されない、安定の全期間固定金利をご検討されてはいかがでしょうか?

実はフラットは実行金利が審査金利なので、審査段階での借り入れ可能額も多く出ることが多いんですよ。

詳しくはお問い合わせくださいね。

ピックアップ記事

  1. 危険な場所は 地形図で見分ける
  2. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  3. 土地価格の相場を知る方法
  4. 買ってはいけない物件を自分でチェック
  5. 立地適正化計画をご存知ですか?

関連記事

  1. お金

    全壊認定でローン残高の50%が免除される住宅ローン

    地震・噴火・津波により自宅が「全壊」と認定された場合、り災日時点の建物…

  2. お金・ローン・税金

    『金利』が違うとこんなに総支払額が変わる!

    同じ金額を借りているのに『金利』が違うとこんなに総支払額が変わります。…

  3. お金・ローン・税金

    2018年には「マンション節税」は防止される?!相続税の評価額に規制が・・・?!

    総務省と国税庁は2018年にも、価格の割に相続税が安くて済む高層マンシ…

  4. お金・ローン・税金

    中古住宅購入時の住宅ローン減税~早めの手続きが失敗しない最大の対策~

    早いもので新年度がスタートしました。こういう仕事を行っているので、…

  5. お金・ローン・税金

    住宅ローン控除を理解しておきましょう。

    住宅借入金等特別控除とは、居住者が住宅ローン等を利用してマイホームを取…

  6. お金・ローン・税金

    夫婦共有で不動産購入する場合の「持分」はどうやって決めるのか?

    不動産を購入するためには多額の資金を用意しなければなりません。不足する…

  1. 不動産取引ガイド

    家を買ったら目の前に大きな道路ができてしまった...
  2. 不動産取引ガイド

    周辺環境調査を自分で行う方法!
  3. 欠陥・トラブル

    『中古住宅購入の秘訣? 早めに見に行っておこう!ショールーム』
  4. マンション

    何だか臭う...築浅マンション。臭いの正体は!?
  5. 不動産取引ガイド

    日本には行事やしきたりがあります。
PAGE TOP