© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

耐震補強はもちろん外壁塗装など家を長持ちさせるリフォームを重視

ようやく辿り着いたバランスの良い好物件。性能向上リフォームを優先して実施。

2年くらい家探しをしていたNさん。気に入った物件と出会うものの、何度も検討中に買い逃してしまう経験をされていました。そんなNさんが購入した物件は、そのエリアではめずらしい、駅から徒歩10分圏内で5000万円を下回る一戸建て住宅。日当り・間取り・広さ・周辺環境などバランスのよい物件で、すぐに購入を決めました。

また、築19年で見た目は相応の状態でしたが、建築士による建物インスペクションでは特に大きな問題は発見されず、それほど改修費用がかからない物件であることがわかりました。

Nさんが実施したリフォームは性能重視。壁の配置バランスを整えるための耐震補強工事をはじめとして、劣化・省エネ対策のための外壁・屋根の塗装工事(遮熱性能の高い塗料を使用しました)、バルコニーの防水対策などを実施しました。

h2605_jirei_04

奥様のご要望でキッチンを交換しました。

h2605_jirei_05

バルコニーの劣化が指摘されたので防水対策を行いました。

h2605_jirei_08

遮熱性能の高い塗料を使用して外壁・屋根の塗装を実施。見た目だけでなく、防水・省エネ性能を向上させる工事です。

h2605_jirei_06

2重サッシを施工して、省エネ性能を向上させました。

h2605_jirei_07

耐震補強のついでに表層リフォームを行いましたのでほとんど新築同様です。

h2605_jirei_03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

IT重説が仮スタート!不動産取引のIT化は加速するのか?

令和1年10月1日より、ITを活用した不動産売買に係る重要事項説明等の社会実験がスタートしました。 不動産取引において欠かせない重要事…

2019 年9月度の不動産相場

公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2019 年9月度の不動産流通市場動向が発表されました。以下、首都圏エリアの中…

中古住宅購入時の「畳の張り替え」について

最近、中古住宅購入時に畳を望む方が増えているようです。ブームの再燃でしょうか? その為、本日は『中古住宅購入時の畳の張り替え』と題して…

駅・線路の地下化。不動産にはどのように影響するのか?

近年、駅・線路を地下化とする動きをニュースで見るかと思います。 最近ニュースとなっているのは小田急線下北駅ではないでしょうか。 …

今後の住宅ローンの金利はどうなる?

住宅金融支援機構が提供する「フラット35」の金利は、21016年マイナス金利導入後の8月から去年2018年の11月に向けて緩やかに金利は上昇…

ページ上部へ戻る