© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

耐震を中心にリフォームを行い各種補助制度をフル活用

自治体の耐震診断・耐震改修の補助制度を活用!

 Aさんが購入されたのは築40年の木造戸建て住宅です。古い住宅にはよく見られた1階を和室中心に仕切られた、典型的な日本家屋でした。
 この物件は旧耐震と呼ばれる時期の建物で、自治体による耐震診断や耐震改修工事などに対する補助制度が利用できる年代の建物になります。ただ、自治体の補助制度は居住要件などが定めれれているケースがあり、手続きの過程で所有権移転などが関係する不動産取引に対応していない自治体が多く、また、制度の手続きにかかる時間と不動産取引のスピードが合わないなど、なかなか活用できないのが実情です。
 Aさん邸を担当した事業者が自治体の補助制度に精通していたため、耐震診断・耐震改修の補助金を利用しつつ、耐震基準適合証明書発行により、住宅ローン減税の対象になるなど、結果的に住宅取得支援制度をフルに活用した取引となりました。
 Aさんが行ったリフォームは、和室中心の間取りを約20帖の大きなリビングに変える間取り変更リフォームが中心となりました。耐震改修工事は、もともとの施工状態が良く、特に基礎が大丈夫だったので、間取り変更とあわせて壁の下地材を耐力壁に変更する工事が主な工事内容になります。古めの木造戸建てを検討する場合は、Aさんのように耐震を中心にリフォーム内容を検討すれば、間取りを現代風に最適化することが可能です。


 リフォームの仕上がりに対するこだわりが強く、Aさんご家族はリフォームのショールームへ足繁く通って内容を吟味し、工事前も工事中も多くの打ち合わせを重ね、幾度となくプラン変更を行い、ようやく完成に至りました。とにかく仕様を決めるのに苦労しましたと工事業者は振り返ります。最終的に古臭い雰囲気は一新され、大きなリビングのある気持ちの良い空間を実現することができました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

角地はメリットがあるのか?建ぺい率の緩和措置

各市区町村では、都市の健全な発展と秩序ある整備を図るために、「都市計画」というものを策定しています。 これは「都市計画法」という法律が根拠…

亥年は大地震が起きやすい?!事前の備えを万全に!

先月、日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(略称:木耐協)の全国大会に参加してきました。 その際、『亥年は大地震や大災害が多い』…

想像力を膨らました内見をしませんか?

住宅購入で内見をする時には内装や設備をご覧になられていると思いますが、中古住宅の場合は設備が古い・床の傷・クロスの汚れなど気になるところも多…

【地盤改良工事】工法別の費用とメリット・デメリット

土地の地盤が軟弱,これは私の実家の話です。 ハザードマップでもしっかり表れていました。 このような土地に家建てると、長期的な建物の重…

不動産用語解説。「セットバック」とは?

戸建てや土地の販売チラシに「セットバック」という記載があった場合、気を付けることはなんでしょうか。 建築基準法では、原則として、前…

ページ上部へ戻る