不動産取引ガイド

築11年でもこんなにあった気になる劣化等...!?本部エージェントの現場レポート≪中古戸建て編②≫

家探しをなさっている方が必ず通る道。それは、物件の内見です。設備や間取り、見た目の綺麗さに気を取られてしまうのは仕方の無いことですが、建物・敷地の隅々を見て、気になるところが他にないかをしっかりとチェックすることも忘れてはなりません。とはいえ、多くの方にとっては初めての住宅購入。最初からそんなにうまくいくものではありません。

そこで、エージェントの出番です。

リニュアル仲介のバイヤーズエージェントは、お客様が内見なさっている最中も、キョロキョロと様々なところをチェックします。構造上の問題が生じそうな劣化事象がないか?中古住宅用の瑕疵(かし)保険の検査基準に不適合な個所はないか?フラット35の利用は可能か?将来売却することになった時に資産価値を毀損しそうなイレギュラーはないか?など様々なことが頭を巡ります。良い部分というのはプロでなくても分かるものですが、潜在的な悪い部分については、知識を具備したプロでなければわかりません。

今回の投稿では、とある物件を内見した時にエージェントが注目したところの写真をご紹介したいと思います。見たのは1物件、まだ築11年の戸建てですが、これだけの気づきがありました。それぞれイレギュラーの度合いがあるので、写真のようなものがあったら直ぐにNGというわけでは無く、それがあるがゆえにどのような是正工事が必要になるか、あるいは、購入を見送るほどマズイものなのかのアドバイスをもらったうえで数ある物件を比較検討することが大切です。

 

≪注目した箇所一覧≫

バルコニーの水はけ

バルコニーの水はけ

 

 

 

基礎の高さ

基礎高さ

 

軒と外壁の隙間

軒と外壁の隙間

 

 

玄関ポーチ屋根のシミ

玄関ポーチ屋根のシミ

 

 

窓のシーリング剥がれ

窓のシーリング剥がれ

窓の結露とカビ

窓の結露とカビ

 

天井のシミ

天井のシミ

塗装の劣化

塗装の劣化

 

リニュアル仲介本部パイロット店 専属エージェント石川でした!

———————————————–

「資産となる不動産を真剣に考えるセミナー」

・マーケットを知る
・資産性とは何か
・リスクを考える
・減税・補助金
・私達ができること

↓ 詳細はコチラ ↓
http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0

———————————————–

ピックアップ記事

  1. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  2. 住宅購入と 生涯の資金計画
  3. 買ってはいけない物件を自分でチェック
  4. 危険な場所は 地形図で見分ける
  5. 土地価格の相場を知る方法

関連記事

  1. 不動産取引ガイド

    リフォーム費用の相場はどのくらい?

    中古住宅を購入する際にリフォームが発生することがあります。リフォー…

  2. 不動産取引ガイド

    実家の処分という家族の問題

    日本は人口減少時代に突入しています。今こうしている間にも人は減り続…

  3. 不動産取引ガイド

    クロス(壁紙)を変えるだけで室内空間がガラリと変わります!

    「クロス」とは家やオフィスの壁に張る”壁紙”のことです。建築用…

  4. 不動産取引ガイド

    物件選びのおかしな条件

    今回は最近電車で見かけたおかしなCM映像について触れたいと思います。…

  5. 不動産取引ガイド

    中古住宅購入の経験者・予定者が「建物検査(インスペクション)」で重視した項目は?

    中古住宅を購入する上で、皆さん不安に思うことは、建物の性能「ちゃん…

  6. 不動産取引ガイド

    いつまでたっても減らない「おとり広告」…国土交通省が規制強化!!

    国土交通省は「おとり広告」の規制に乗り出すようです。そもそも「おと…

  1. 不動産取引ガイド

    サービスルーム(S)と普通の部屋は何が違うのか?
  2. 不動産取引ガイド

    国交省「全国版空き家・空き地バンク」の試行運用を開始!民間の不動産情報サイト「L…
  3. お金・ローン・税金

    火災保険。10年超の契約引受が停止になってしまします。
  4. 不動産取引ガイド

    住宅の耐震性に関するよくある「勘違い」
  5. 不動産取引ガイド

    子どもの人口が38年連続で減っている?!少子化と日本の不動産購入について
PAGE TOP