© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

ソニーグループも活用するドローン(小型無人機)!インスペクション・工事現場の監視に応用される予定?!

12月10日(木)に「ドローン」の運行ルールを明確にした改正航空法が施工されました。
「安全のための飛行ガイドライン」や「無人航空機(ドローン、ラジコンなど)に関するQ&A」などもまとめられていますので、ぜひ、ご覧ください。
http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html

住宅密集地や夜間の飛行、危険物の輸送、人や建物から30m以上離して飛ばすなど、課題もありそうです。
しかし、国交省の許可が受けられれば、この課題も解決できるかもしれません。

工事現場の監視や輸送等に無人飛行機「ドローン」を活用しようという動きが広がっています。
ソニーグループなどは来年からマンション建設の不正をチェックするサービスを始めるようです。
薬の宅配への活用を目指す自治体や産業廃棄物の不法投棄の監視などの動きもできており、今後の「ドローン」の活用しての展開に注目です。

ドローンの技術は間違いなく、来年以降本格化する「インスペクション」にも役立ちそうです。
中古住宅の流通に際して、現在行われているインスペクション(建物調査)において「劣化調査」は必須のため、その調査精度の向上に役立ちそうです。
一般的に中古住宅の購入後の安心は「かし保険」の適用に関わるため、その調査精度の向上にドローン技術は役立ちそうです。

弊社では「劣化・フラット適合の可否」については2物件まで無償でインスペクション(建物調査)を提供していますので、必要な方はぜひ、ご活用ください。
http://www.rchukai.jp/about/03.htm

法人営業部 犬木 裕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

注文住宅を建てるときやリフォームする時、フローリングをどう選べばいいのでょうか?

フローリング材には色や種類、値段、特徴や機能も色々あって迷いますが、 自分に家にあったフローリング選びをして、自分らしい素敵な住まいづ…

【住宅ローン減税1】不動産会社選びが重要です!

不動産購入で失敗しないためには、業者任せではなく、消費者も知っておくべき情報がたくさんあります。戸建てリノベINFOではみなさまの不動産購…

あなたに合った構造は?注文木造住宅の工法と特徴

木造は、日本の注文住宅の半分以上の割合を占める工法です。 古くから日本人に好まれてきた木造住宅の工法別に特徴とメリット、デメリット等を…

最近話題のSDGsをご存知ですか?SDGsの17の目標とは・・・

■最近、目にすることが多くなったSDGsをご存知ですか? 最近、新聞やテレビの中でよく聞くようになった「SDGs(エスディージーズ)」とい…

2020 年1月度の不動産相場

公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2020 年1月度の不動産流通市場動向が発表されました。以下、首都圏エリアの中…

ページ上部へ戻る