不動産取引ガイド

ドローンが人工知能(AI)を活用して独学飛行、災害時にも役立ちそう?!

この度、東京工業大学の長谷川修准教授らが人工知能(AI)を使ってドローン(小型無人機)が飛び方を自ら学ぶ技術を開発したようです。荷物をつり下げたり風が吹いたりしても、しばらく飛ぶうちに自動で最適な飛行方法を見つけ、物流やインフラ点検用のドローンに応用できるとみて、早期の実用化を目指すそうです。

 

新技術を活用したドローンは荷物をつるしたり風の吹く場所で飛ばしたりすると初めはふらつくようですが、次第に飛行方法を少しずつ改良して、うまく飛べるようになるそうです。

 

個人的には来年以降、一部宅建業法の改正で必要となるインスペクション(建物調査)に活用できると思います。また、今回の熊本地震発生後に熊本城の周辺や阿蘇山付近を飛行するドローンの映像が流れていました。余震が続くような状況下では、このような機材がもっとも活躍するものと思います。

http://www.mlit.go.jp/common/001120594.pdf  (宅建業法一部改正案)

https://www.youtube.com/watch?v=NdIp83lmW6I (ドローン飛行映像)

 

まだまだ、法整備などの調整が必要ですが、少しずつドローンを活用するシーンが増えそうです。このような人口知能(AI)を持ったドローンであれば、災害時の物資の輸送や赤外線などを発するドローンで、家屋の倒壊で下敷きになった人を早期発見出来たり、インスペクション(建物調査)に活用すると、劣化箇所等を自動検知したりと、活用の幅が広がります。テクノロジーの進化によって、益々便利な世の中になっていきますが、私たちは地震大国、日本に住んでいる為、いつ発生するか分からない地震に対する備えをきちんとしなければなりません。

法人営業部 犬木 裕

ピックアップ記事

  1. 危険な場所は 地形図で見分ける
  2. 買ってはいけない物件を自分でチェック
  3. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  4. 住宅購入と 生涯の資金計画
  5. 立地適正化計画をご存知ですか?

関連記事

  1. 不動産取引ガイド

    不動産を複数で取得した場合の「持分」の決め方について

    不動産を取得した時、複数の所有者を登記することができます。これを「…

  2. 契約関係

    “旗竿地物件”の見るべきポイント!

    戸建ての物件を探していると、必ず旗竿形状の敷地のものに出会います。この…

  3. 不動産取引ガイド

    2020 年12月度の不動産相場

    公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2020…

  4. 不動産取引ガイド

    自己資金の割合が大きいほど金利優遇?

    住宅ローンの本審査になると、本人だけではなく、購入する物件自体の評価も…

  5. お金・ローン・税金

    フラット35ってどういう仕組かご存知ですか?

    フラット35を利用するには、住宅金融支援機構からの融資を受ける事になり…

  6. 不動産取引ガイド

    良質な不動産会社の見分け方!? 

    『そもそも家を買いたいと思った時に誰に頼めばいいのかわからない・・・「…

  1. 不動産取引ガイド

    長期優良住宅とは!?
  2. 不動産取引ガイド

    信じてはいけない!?公図のアレコレ
  3. 不動産取引ガイド

    仲介手数料無料ってどういう事??
  4. 不動産取引ガイド

    【住宅ローン減税7】築後年数要件戸建て編~木造・新耐震~
  5. 不動産取引ガイド

    敷地境界に(ブロック)塀がある場合の注意点(その②)
PAGE TOP