お金・ローン・税金

トイレは10年ほどで故障や不具合が出てくる?!最近のトイレ事情とは?!

家庭のトイレは、新築の場合なら短くみても10年は十分に使用に耐えることができる住宅設備ですが、10年を過ぎると、故障や、不具合が出てくる場合が多いようです。
便器自体の寿命は長いですが、温水洗浄便座(ウォシュレット)の不調やトイレタンクの部品の故障が先に起こることがほとんどです。

また、トイレが流れにくい、タンクの継ぎ目から水漏れする、排水部分から水が浸み出ている、といったトイレの不具合が起きると、たいていのお客様は、まず修理をご検討されるようですが、思い切って、交換をした方が結果としてお得な場合が多いようです。

その場合は最新の節水型トイレに取り換えて、10年使うことを考えると、水道代もかなり節水できるようになります。
つまりはトイレ業界も日々進化しています。
つい先日も、水回り住宅設備メーカーの業界団体、日本レストルーム工業会(名古屋市)が、トイレの操作パネルのピクトグラム(絵記号)を統一すると発表しました。

もともと1964年の東京五輪にて男女のトイレをシルエットで示す絵記号が生まれ他国にも広がったようです。
2020年を控え、新しい統一記号でも世界標準をめざし、各社の海外販売に弾みをつけることを目指しているようです。

操作パネルの表示は各社が独自に表現していましたが、日本で初めて目にする外国人のなかには「使い方が分からない」と戸惑う例も多かったようです。
温水洗浄便座は67年に伊奈製陶(現LIXIL)が初めて国産品を発売した。
欧米では医療用として使われていましたが、日本で独自に進化しました。

国内では16年に家庭普及率が8割を超えましたが、海外では遅れているようです。工業会が米国・英国・シンガポールで実施した調査では普段使っている人は3.6%にとどまり、ただ認知率は7割を超えており、海外の伸びしろは大きいと予測しています。

TOTOは世界80カ国以上で販売し、2016年度は2012年度比2.5倍の販売を見込んでおり、世界共通の絵記号を販売拡大につなげるようです。
LIXILも2016年秋に欧州市場に参入しました。

政府は2020年に訪日客4000万人をめざす。東京五輪に向け公共施設などのトイレの刷新や新設は相次ぐ。訪日客らの評価が各社の世界展開にも影響を与えそうです。

法人営業部 犬木 裕

***************************************************

■不動産の資産価値を即座に判断

セルフインスペクションアプリ「SelFin」

https://self-in.com/(ご利用は無料です)

■資産となる家を真剣に考えるセミナー

http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0

***************************************************

ピックアップ記事

  1. 危険な場所は 地形図で見分ける
  2. 立地適正化計画をご存知ですか?
  3. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  4. 住宅購入と 生涯の資金計画
  5. 土地価格の相場を知る方法

関連記事

  1. 不動産取引ガイド

    テレワーク可能な部屋探しのテクニック

    最近のお住まい探しでよく聞くご希望は、「テレワーク用の部屋が欲しい」「…

  2. 不動産取引ガイド

    「夫婦共有名義にするメリットとデメリット」

    住宅の購入や建築をするとき、その資金を夫婦で出し合う場合も少なくないで…

  3. 不動産取引ガイド

    タワーマンションに向いている人・向いていない人⁉

    昨今、高層タワーマンションに憧れる人は少なくありません。しかし、記憶に…

  4. 不動産取引ガイド

    東日本大震災から10年

    2011年3月11日に発生した東日本大震災は、津波や原発事故など、かつ…

  5. 不動産取引ガイド

    車庫は容積率の対象面積になるのか?

    前回、住宅の地下室については、一定の条件を満たしていれば、容積率の不算…

  6. 不動産取引ガイド

    ペットと暮らす家

    少子化する一方でペットの数は急増し、小さな子供といる家庭よりもペットの…

過去記事

  1. 不動産取引ガイド

    次は東京オリンピック!
  2. お金・ローン・税金

    フラット35のリフォームにも使えるローン
  3. 不動産取引ガイド

    中古住宅の性能評価が大きく変わる!住宅性能を測る「ものさし」とは?
  4. お金・ローン・税金

    相続税、子供や孫の世代に資産を移す目的の非課税制度があります。
  5. 不動産取引ガイド

    空き家対策待ったなし!
PAGE TOP