© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

その擁壁(カベ)、本当に安全ですか?~宅地造成等規制法~

不動産取引の関係法令第3弾、「宅地造成等規制法」についてです。

エリアによっては、平坦地が少なく、建物が建っている土地が傾斜地であるケースもしばしばみられます。

そういった場合に関係してくるのが、「宅地造成工事規制区域」です。

宅地造成に伴い災害が生ずるおそれが大きい市街地等については、都道府県知事は宅地造成等規制法に基づき「宅地造成工事規制区域」に指定することができます。

この「宅地造成工事規制地域」に指定された土地では、土地を削る「切土」や、傾斜を埋める「盛土」などの一定の規模以上の造成工事をする場合、許可を得ることが必要です。

また、気を付けなければならないのが「擁壁」の存在です。

「擁壁」とは、崖などが崩れ落ちることを防ぐために設けられた壁を指します。

「宅地造成工事規制区域」内にある「擁壁」については、強度不足や劣化がある場合、またはそもそも擁壁がない場合などは、改良工事や設置工事の「改善命令」が出されてしまいます。

この命令に従わないと、建物の建築許可が下りない、といった事態も生じます。

擁壁の改良工事や設置工事は、多額の費用がかかるケースも多いので注意が必要です。

一定規模以上の擁壁については、建築確認を取っているか、建築後に検査を受けているか等を確認することも可能です。

購入を検討される土地が「宅地造成工事規制区域」にあり、さらに「擁壁」がある場合には、

劣化がないか、検査はされているか、などをチェックするようにしましょう。

次回は「防火地域」について解説いたします。

***************************************************

■不動産の資産価値を即座に判断

セルフインスペクションアプリ「SelFin」

https://self-in.com/(ご利用は無料です)

■資産となる家を真剣に考えるセミナー

http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0

***************************************************

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

中古を買ってフルリフォーム?!リフォーム前に把握しておきたい大切なこと!

最近、新築資材の高騰の影響か、中古の家を買ってリフォームしたいという方が増えているようです。 その中でもフルリフォーム(スケルトンリフォー…

不動産屋の言うことを鵜呑みにしてはいけません~住宅ローン減税編~

耐震基準適合証明書に関する情報提供を行っている関係で、他社での取引なのですが住宅ローン減税に困った消費者が、ホームページからお問い合わせされ…

介護を考えたリフォーム

私にはは80歳を超えた両親がいます。 現在は同居はしておらず、両親は二人暮らしです。 まだ二人とも持病はあるものの自分のことは自分で…

人口が減った自治体ランキング

東洋経済に面白い記事が掲載されていました。 この3年「特に人口が減った」自治体ランキング ~山間部の自治体では人口減少が顕著に~ …

室内にウッドデッキ!目からうろこのDIY術

久々のDIYネタです。 モノづくりが好きで、下手の横好きでいろいろ手を出しています。今の家を買った時に作ったウッドデッキは昨年腐食で一部倒…

ページ上部へ戻る