© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

その擁壁(カベ)、本当に安全ですか?~宅地造成等規制法~

不動産取引の関係法令第3弾、「宅地造成等規制法」についてです。

エリアによっては、平坦地が少なく、建物が建っている土地が傾斜地であるケースもしばしばみられます。

そういった場合に関係してくるのが、「宅地造成工事規制区域」です。

宅地造成に伴い災害が生ずるおそれが大きい市街地等については、都道府県知事は宅地造成等規制法に基づき「宅地造成工事規制区域」に指定することができます。

この「宅地造成工事規制地域」に指定された土地では、土地を削る「切土」や、傾斜を埋める「盛土」などの一定の規模以上の造成工事をする場合、許可を得ることが必要です。

また、気を付けなければならないのが「擁壁」の存在です。

「擁壁」とは、崖などが崩れ落ちることを防ぐために設けられた壁を指します。

「宅地造成工事規制区域」内にある「擁壁」については、強度不足や劣化がある場合、またはそもそも擁壁がない場合などは、改良工事や設置工事の「改善命令」が出されてしまいます。

この命令に従わないと、建物の建築許可が下りない、といった事態も生じます。

擁壁の改良工事や設置工事は、多額の費用がかかるケースも多いので注意が必要です。

一定規模以上の擁壁については、建築確認を取っているか、建築後に検査を受けているか等を確認することも可能です。

購入を検討される土地が「宅地造成工事規制区域」にあり、さらに「擁壁」がある場合には、

劣化がないか、検査はされているか、などをチェックするようにしましょう。

次回は「防火地域」について解説いたします。

***************************************************

■不動産の資産価値を即座に判断

セルフインスペクションアプリ「SelFin」

https://self-in.com/(ご利用は無料です)

■資産となる家を真剣に考えるセミナー

http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0

***************************************************

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

私道の埋設管(水道)には要注意!

水道は前面道路の本管から真っすぐ敷地内へ引き込むことが原則です。 通常であれば上図のaのように前面道路内の配管から各戸へ水道を引き込む…

未成年者の相続には要注意!

不動産を共有すべきでないとは言われていますが、共有になってしまうケースの1つに相続があります。 お父様に相続が発生すると、一般的にはそ…

リフォームに必要なお金ってどのくらいかご存知ですか?

中古住宅を購入してリフォームする場合にかかる費用としては、中古住宅の購入代金とリフォーム工事費用以外にも様々な費用があります。 仲介手…

ハザードマップの活用法

9月に入り台風がたくさん上陸し豪雨被害が各地で起きてておりますがハザードマップと言う言葉を最近良く耳にするようになりました。 ハザード…

老いる多摩田園都市?!駅から遠くて売れない不動産が増加?!

東京急行電鉄は9月2日、前身である田園都市株式会社の創業から100年を迎えるようです。憧れの住宅地「田園都市」。実際に歩いてみるとシートで覆…

ページ上部へ戻る