© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

間取りの考え方

一般的なマンションの多くが廊下から洗面室に入る間取りです。
そしてほとんどの場合洗面室に洗濯機置場があります。

家事の動線を優先させるとキッチンで食事の支度→廊下→洗面室で洗濯→廊下…となります。

ここで間取りを考える時に洗濯機置場をキッチンに置く案とキッチンから直接洗面室に行く案はいかがでしょう。

・キッチンに洗濯機を置くことはかなり奇抜なアイデアだとおもいますが、実際に置いている人のブログを見てみると
なかなかの使い勝手がよさそうです。
利点は洗濯のためにキッチンを離れずに済むのがけっこうありがたいそうです。
また、洗面所は来客にも間違いなく見られるところなので綺麗にしておける。
洗濯機パンがないと脱衣スペースはゆったりと使えるそうです。

・キッチンから直接洗面室に行くはかなり合理的な発想ではないでしょうか。
マンション、戸建て共通で考えられる間取りです。

最近では共働きが増え家事も分担制になり家事時短が話題となっております。
これからお住まいの購入をお考えの方は自分達の動線をしっかり考えた
間取りにすれば家事の時短になるのではないでしょうか。

その他間取りで失敗のランキングを見つけました。
以下の通りです。

1.配線の位置・・・コンセントやスイッチの位置が使いづらい、数が足りない。
2.収納・・・収納スペースが不足、収納場所が不便、内部が使いにくい。
3.広さ・・・部屋が広すぎた・狭すぎた、空間の大きさのバランスが悪いなど
4.明るさ・温度・湿度・・・暗い、寒い、暑い、ジメジメ、冷暖房の効率が悪いなどの問題
5.視線・・・家の中や外からの視線が気になるという失敗は、住むまで気付かないこともあります
6.音・ニオイ・・・足音、話し声、テレビの音、食洗機や洗濯機の音、外の騒音、調理のニオイなど
7.動線・・・よく行き来する空間が遠い、行きにくい、家族同士がぶつかりそうになるなど、動線の混乱はストレスのもとです。

こんなにたくさんの失敗だと思っている人いるようです。
家族構成の動線や、お持ちの家具をうまく活用できるような間取を相談してみてはいかがでしょうか。

リニュアル仲介、渡辺でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

子供部屋の概念を変えてみる!?

マイホームを購入の際、子供部屋はどうするか悩むところです。 子供にそれぞれの部屋をつくるのかそれとも独立した部屋を与えずまとめてしまう…

スルガ銀行のシェアハウス問題から学ぶ住宅ローンの考え方

スルガ銀行のシェアハウス問題を巡る投資トラブルが長期化しつつあります。 金融庁は建設資金の多くを融資していたスルガ銀行に対して、一部業…

減税措置の期限切れ間近!土地取引コストが770億円上昇も!?

平成31年度の税制改正に向けて、租税特別措置法の延長ついての要望が提出されています。 土地を取得する際にかかる「登録免許税」については…

怪しい緑と水の関係

いわずもがな、日本と自然災害は切っても切れない関係にあります。 河川の増水による、浸水被害などが起こることも珍しくありません。 …

中古戸建てのインスペクションは改修工事を前提に

改正宅建業法の施行から半年。 中古取引におけるインスペクションも徐々に当たり前のプロセスになりつつあります。 改正宅建業法におけるインス…

ページ上部へ戻る