© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

契約の始まりと終わり ~停止条件と解除条件の違い~

高額な不動産取引においては、残念ながら思い通りに契約が進まないこともあります。

住宅ローンが通らない、必要な行政庁の許可が下りない、といった事情により、契約が白紙になってしまうケースがあります。

こうした場合に備えて最初の売買契約時に設定されるのが、「停止条件」や「解除条件」になります。

・契約の効力発生を停止しておく「停止条件」

ひとつめが、条件が整ったときに契約の効力が発生する「停止条件」です。

たとえば、「農地法の許可が取得できたら」といった条件や、「建築確認申請が通ったら」といった、一定の条件が成立した時に、売買契約も効力が生じるという契約形態です。

・契約を遡及的に無効にする「解除条件」

もう一方は、条件が整わなかった場合には、契約を解除することができる「解除条件」です。

「住宅ローンの審査が下りなかったら」「住替え先の契約が成立しなかったら」といった、希望の条件が整わなかった場合には、売買契約を白紙解除できる、という契約形態になります。

どちらも、不動産取引の場面では、良く目にされる売買契約の条件設定かと思います。

それぞれ、条件付けをするメリット・デメリットがありますので、契約の経緯や進捗状況、相手方とのパワーバランスなどを考慮して、話を進める必要があります。

リニュアル仲介では、徹底的に買主に寄り添った立場から、相手の方との交渉を進めてまいります。

こうした不足の事態を想定した「条件」を契約に設定しておくことで、結果的には安心して売買契約が行えることになります。

お住い探しの際には、ぜひ信頼できる不動産のプロフェッショナルによるカウンセリングを受けるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ペットと共に快適な家づくりのポイント

ペットは大切な家族の一員です。我が家には2匹の猫がおりますが 家を購入する際は、人もペットも快適に暮らせる家づくりを考えています。 …

戸建てを新築するための土地購入資金で、親から金銭の贈与を受ける場合の注意点

夫婦共有名義で、家を建てようとしたAさん ご主人様は、ローンを組んで、奥様はご両親から資金援助を受けてそれを頭金にしようとしていた場合気を…

登録利用者数が1万人を突破し、その後も増え続けている『SelFin(セルフィン)/ 物件提案ロボ』

8月末に不動産の資産価値やリスクを瞬時に判定する「SelFin(セルフィン)/ 物件提案ロボ」の登録利用者数が1万人を超え、その後も利用者数…

サイディング外壁の注意点

前回、外壁材の種類についてを投稿しましたが多く使われている サイディング外壁の注意点という見つけましたので参考にしていただければと思います…

自宅に居ながら不動産売却査定(AI評価)!『全国マンションデータベース』を活用してみませんか?

■マンションの資産価値を知りたい方はぜひ、『全国マンションデータベース』をご活用下さい! 本日、マンションをお持ちの方は必見!気になるマン…

ページ上部へ戻る