不動産取引ガイド

床の間も使用目的やスペースなどで変化します。

 

床は鎌倉時代に禅僧が仏画の前に花瓶、香炉、燭台の三具足を置いた分厚い板から発展したものと畳床から発展したものがあります。

床の間の種類

本床(ほんどこ)・・・厳正な格式ある座敷の正面に配する本床の床柱は、造作材同質材か、それより上質材の面取りした角材を用いる。床框は黒蝋色漆塗りとし畳床となる。畳の代わりに地板を入れたものなどがある。

蹴込み床(けこみとこ)・・・床框を用いいないで床板の小口をみせ、その下部へ蹴込み板をはめ込んだものである。蹴込み板は床板と同材を用いたり、板のかわりに磨き丸太・皮付き丸太・竹などをつかって変化を見せることもある。

踏込み床(ふみこみとこ)・・・床の間の形式で、床框がなく和室の畳面と同じ高さに地板 (床板)だけを設けた形式の床の間

織部床(おりべとこ)・・・特別に床の間としてスペースを割かないで壁面の上部に約20cm幅の板を取り付け、床の間に見立てる

琵 琶 床 (びわどこ)・・・床の間の一部に飾り棚風の地袋を造ったもので、板は一枚板を使うことが多い。下は地袋戸棚にするので、小襖の引違いまたはケンドン式にする。この棚に、琵琶を飾ったことから琵琶床と呼ばれるらしい。

袋床(ふくろとこ)・・・床の間の前面の一部に袖壁を設けたもので、内部を地袋式の飾り棚にしたり、板だけの飾り板にすることもある。床框は付けるときもあり、蹴込み床にする場合や、地板だけの踏込み床にするなど、趣向によって自由である。

吊り床(つりとこ)・・・室内の一隅に天井から床柱がわりの釣束を下げて、これに落し掛けを付けて、下がり壁をおさめた簡単な形式のもので、床は畳だけである。

置き床(おきとこ)・・・移動可能で家具的な置き床

洞床(ほこらどこ)・・・床の内部を、壁で塗りまわした床の間で、床の間前の一部に袖壁をつけて洞の形とする。床板は踏込み板とする。また、落し掛けなどは丸味をつけて塗りこんでしまう。

また、形だけではなく使用する銘木の種類にも大きくかわります。
木によって木目が多種多様ありますので予算にあわせて素敵な床の間が
出来そうですね。

もっと見る

ピックアップ記事

  1. 住宅購入と 生涯の資金計画
  2. 立地適正化計画をご存知ですか?
  3. 買ってはいけない物件を自分でチェック
  4. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  5. 危険な場所は 地形図で見分ける

関連記事

  1. お金・ローン・税金

    【必見】10月1日からフラット35Sの金利引き下げ幅が変更となりました…

    フラット35Sは、質の高い住宅を取得したことにより、金利を10年間もし…

  2. お金・ローン・税金

    無駄に保険料支払っていませんか?

    保険の種類はたくさんあり、ご自身が何の保険に加入されているかわからなく…

  3. お金・ローン・税金

    中古住宅のローン控除利用。物件選びの内見時から注意を向けましょう。≪戸建編≫

    築20年(耐火構造の場合は25年)を超えても、既存住宅瑕疵(かし)保険…

  4. 不動産取引ガイド

    空き家問題…

    空き家問題は最近ではニュースで目にする事も増えているかと思います。…

  5. 不動産取引ガイド

    相続登記が無料になります!

    最近話題となっている「空地・空き家」問題の解消を目指して、「相続登記の…

  6. 不動産取引ガイド

    割安な価格には理由がある!借地権建物を購入する際のチェックポイント

    所有権よりも割安な「借地権」一般的に住まいを購入する際、土地の権利…

  1. 不動産取引ガイド

    コロナ禍で住宅ローン返済に困ったら、ご自宅の価値をセルフ査定?!
  2. 不動産取引ガイド

    中古建物の価格とは?
  3. 不動産取引ガイド

    【プレスリリース】「マンションの耐震性に関するアンケート」住宅購入意識調査
  4. 不動産取引ガイド

    海外赴任者 帰任に備えた日本の家探し 15 【ローン正式審査~決済編 4/6】
  5. 不動産取引ガイド

    2018 年5月度の不動産相場
PAGE TOP