不動産取引ガイド

床の間も使用目的やスペースなどで変化します。

 

床は鎌倉時代に禅僧が仏画の前に花瓶、香炉、燭台の三具足を置いた分厚い板から発展したものと畳床から発展したものがあります。

床の間の種類

本床(ほんどこ)・・・厳正な格式ある座敷の正面に配する本床の床柱は、造作材同質材か、それより上質材の面取りした角材を用いる。床框は黒蝋色漆塗りとし畳床となる。畳の代わりに地板を入れたものなどがある。

蹴込み床(けこみとこ)・・・床框を用いいないで床板の小口をみせ、その下部へ蹴込み板をはめ込んだものである。蹴込み板は床板と同材を用いたり、板のかわりに磨き丸太・皮付き丸太・竹などをつかって変化を見せることもある。

踏込み床(ふみこみとこ)・・・床の間の形式で、床框がなく和室の畳面と同じ高さに地板 (床板)だけを設けた形式の床の間

織部床(おりべとこ)・・・特別に床の間としてスペースを割かないで壁面の上部に約20cm幅の板を取り付け、床の間に見立てる

琵 琶 床 (びわどこ)・・・床の間の一部に飾り棚風の地袋を造ったもので、板は一枚板を使うことが多い。下は地袋戸棚にするので、小襖の引違いまたはケンドン式にする。この棚に、琵琶を飾ったことから琵琶床と呼ばれるらしい。

袋床(ふくろとこ)・・・床の間の前面の一部に袖壁を設けたもので、内部を地袋式の飾り棚にしたり、板だけの飾り板にすることもある。床框は付けるときもあり、蹴込み床にする場合や、地板だけの踏込み床にするなど、趣向によって自由である。

吊り床(つりとこ)・・・室内の一隅に天井から床柱がわりの釣束を下げて、これに落し掛けを付けて、下がり壁をおさめた簡単な形式のもので、床は畳だけである。

置き床(おきとこ)・・・移動可能で家具的な置き床

洞床(ほこらどこ)・・・床の内部を、壁で塗りまわした床の間で、床の間前の一部に袖壁をつけて洞の形とする。床板は踏込み板とする。また、落し掛けなどは丸味をつけて塗りこんでしまう。

また、形だけではなく使用する銘木の種類にも大きくかわります。
木によって木目が多種多様ありますので予算にあわせて素敵な床の間が
出来そうですね。

もっと見る

ピックアップ記事

  1. 買ってはいけない物件を自分でチェック
  2. 住宅購入と 生涯の資金計画
  3. 立地適正化計画をご存知ですか?
  4. 危険な場所は 地形図で見分ける
  5. 土地価格の相場を知る方法

関連記事

  1. 不動産取引ガイド

    燃えない街づくり ~防火地域~

    今回は「建築基準法」に基づく制限、「防火地域」について解説します。…

  2. お金・ローン・税金

    確定申告の20万円控除ってご存知ですか?

    給与収入以外の所得で20万円以内の所得なら確定申告不要!!相続…

  3. お金・ローン・税金

    住宅購入時の自己資金の目安ってご存知ですか?

    住宅取得に必要な資金は、住宅ローンで賄うのが一般的な考え方ですが、住宅…

  4. 不動産取引ガイド

    幹線道路沿いは避けてたはずなのに...

    大通り沿いの物件は、騒音を嫌って検討から外す方も多くいらっしゃいます。…

  5. 不動産取引ガイド

    国立西洋美術館が世界文化遺産になりそうです。

    台東区にあります国立西洋美術館がユネスコの諮問機関イコモスが世界文化遺…

  6. 不動産取引ガイド

    流行るのか?宅配ボックス

    最近何かと話題の宅配業界。その一助となるべくパナソニックが発売する…

過去記事

  1. 不動産取引ガイド

    消費税増税も気にしない!「次世代住宅ポイント制度」について
  2. 不動産取引ガイド

    住宅を購入する際の販売図面に記載されてますが、あの数字の意味ご存知ですか?
  3. 不動産取引ガイド

    買付申込時にやっておいた方が良いことTOP3
  4. 不動産取引ガイド

    不動産値上がり、出遅れている地域は!?
  5. 不動産取引ガイド

    IT重説が仮スタート!不動産取引のIT化は加速するのか?
PAGE TOP