© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

安心R住宅の説明会に行ってきました

10月31日に開催された国土交通省による安心R住宅の説明会の東京会場に行ってきました。
(10月30日の愛知を皮切りに全国で開催予定です)

11月6日に告示され、12月から団体登録がスタートして、来年4月から安心R住宅のロゴマークが使われ始めるスケジュールだそうです。
安心R住宅については先日記事にしましたので、そちらもご覧ください。

安心R住宅ってご存知ですか?
http://smile.re-agent.info/blog/?p=4236

安心R住宅とは?
http://www.rchukai.jp/contents/rjyutaku/index.html

 

また、告示後、各種資料などがダウンロードできるようになるそうなので、ページが公開されたら改めてご紹介します。

 

もともと「プレミアム既存住宅」という名称から検討がスタートしているので、安心R住宅をハイグレードな基準と思われている方が多いのですが、
安心R住宅の安心は基礎的な品質という定義で、新耐震基準(昭和56年6月以降)と既存住宅売買瑕疵保険が具体的な性能基準となります。
今後、制度の運用状況を見ながら、安心R住宅プラス、安心R住宅プレミアムなど、制度のバージョンアップも検討されているようです。

 

安心R住宅は広告に安心R住宅のロゴマークが表記されます。
このロゴマークは単体での使用ができず、必ず登録団体名が表記されます。
安心R住宅の基準のうち、「きれい」に関する基準(リフォームの基準)は登録団体が個別に定めるので、広告でマークを見つけたらその団体の基準を確認するという運用になりそうです。
また、「わかりやすい」の基準で、保存している住宅履歴情報について「安心R住宅調査報告書」が必ず発行される仕組みになりますので、どのような書類が保存されているかも明らかになります。

 

安心R住宅のロゴマーク(配布資料より)

 

ロゴマークには登録団体名を表記するルールになっています

 

基準や実際の運用の懸念事項などは今後の動向を見ながら改めて記事にしたいと思います。
年末にかけて業界(特に買取再販の分野)がざわつくと思いますので、そういった動きも踏まえて情報を整理していきたいと思います。

運用イメージ(配布資料より)

 

リニュアル仲介の稲瀬でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

角地はメリットがあるのか?建ぺい率の緩和措置

各市区町村では、都市の健全な発展と秩序ある整備を図るために、「都市計画」というものを策定しています。 これは「都市計画法」という法律が根拠…

亥年は大地震が起きやすい?!事前の備えを万全に!

先月、日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(略称:木耐協)の全国大会に参加してきました。 その際、『亥年は大地震や大災害が多い』…

想像力を膨らました内見をしませんか?

住宅購入で内見をする時には内装や設備をご覧になられていると思いますが、中古住宅の場合は設備が古い・床の傷・クロスの汚れなど気になるところも多…

【地盤改良工事】工法別の費用とメリット・デメリット

土地の地盤が軟弱,これは私の実家の話です。 ハザードマップでもしっかり表れていました。 このような土地に家建てると、長期的な建物の重…

不動産用語解説。「セットバック」とは?

戸建てや土地の販売チラシに「セットバック」という記載があった場合、気を付けることはなんでしょうか。 建築基準法では、原則として、前…

ページ上部へ戻る