© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

中古戸建てのリスクを確認する「建物インスペクション」とはそもそも何なのか?

最近広がりを見せる「建物インスペクション」とはそもそもどのようなものか、今回解説をしたいと思います。
一般的には国交省が示している「既存住宅インスペクションガイドライン」に従い、実施されています。

http://www.mlit.go.jp/common/001001034.pdf(既存住宅インスペクションガイドライン)

そのガイドラインの中にある「検査結果に係る留意事項」には下記のような文言が入っており、予めご理解いただきたい内容です。

  • 瑕疵の有無を判定するものではなく、瑕疵がないことを保証するものではないこと
  • 報告書の記載内容について、検査時点からの時間経過による変化がないことを保証する

ものではないこと。

  • 建築基準関係法令等への適合性を判定するものではないこと

当社より発行される「建物インスペクション」の報告書の表紙にも、以下の通り同様の注意事項を示しております。

※この調査報告書は、建物の隠れた瑕疵(欠陥) の有無を示すものでは ありません。
※この調査報告書の記載内容は、調査の時点からの時間経過による変化がないことを保証するものではありません。
※本調査は欠陥住宅の調査を目的としておりません。各種係争事などの判断材料としてのご利用はご遠慮ください。

また、「既存住宅インスペクションガイドライン」にも既存住宅インスペクションは、「目視等を中心とした非破壊による現況調査を行い、構造安全性や日常生活上の支障があると考えられる劣化事象等の有無を把握しようとするもの」とあり、当社に登録のある建築事業者への指導は、「非破壊・目視」の調査をお願いしています。よって、家財の移動や壁を剥がすなどの調査は行っておりません。また希望に応じてかし保険の付帯の調査も一緒に行わせていただく事が多いのですが、かし保険は「シロアリ被害については対象外」です。

混同しがちですので注意が必要です。

ぜひ、中古住宅を安心して購入する際は上記の内容をご理解いただき、「建物インスペクション」のお申し込みをいただければ幸いです。

法人営業部 犬木
———————————————–

「資産となる不動産を真剣に考えるセミナー」

・マーケットを知る
・資産性とは何か
・リスクを考える
・減税・補助金
・私達ができること

↓ 詳細はコチラ ↓
http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0

10月24日(土)11月21日(土)12月19日(土)

———————————————–

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

どうなる今後のマンション価格!?物件価格と金利の影響についても

・マンション価格の中期予測 (一財)日本不動産研究所が、東京23区のマンション価格と賃料の中期予測を発表しました。 <日本不動産…

空き家問題…

空き家問題は最近ではニュースで目にする事も増えているかと思います。 そして、皆さんのご自宅の近くにも空き家はあるかと思いますが、皆さん…

マンションの「専有部分」の範囲はどこまでか?

マンションは「区分所有建物」といって、各室ごとに所有権の対象となっています。 今回は、その区分所有権の範囲がどこまでかということについてお…

インテリアの配色は色彩計画から考える!

インテリアの配色は色彩計画から考える事をお勧め致します。 内装の配色の法則を知っておくと「広々とした開放感」、「心地よく感じる部屋」、「適…

2019年12月 フラット35金利のご案内

2019年12月のフラット35金利は、20年以下が0.96%、21年以上が1.01%と先月から0.04%増となりました。 大手銀行の動向に…

ページ上部へ戻る