© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

台風災害への備え!

最近、台風の発生が多く被害もふえています。
もし自宅のなにかが台風の影響で他の人や物を傷つけてしまった場合の責任は
所有者の責任になります。
そうならない様に家の周りを見渡してみましょう。
最近仕入れた情報をまとめてみました。
1.側溝や排水口は掃除して水はけを良くしておく
2.門扉は風で開いたり閉まったりしないよう頑丈なロープなどでしっかり固定しましょう。
3.庭の木の枝が敷地外にのびているようなら枝をしっかりロープで固定しましょう。
4.玄関前や庭の置物や植木鉢など家の中にしまいましょう。(車が横転する程の風が発生することがあります)
5.雨量が多い場合、排水菅の逆流が起こる場合があります。その場合は大きなビニール袋にお水を入れ袋の口は縛りトイレや洗濯機の排水溝や浴槽において置くと逆流が防げるそうです。(これはテレビやラジオで仕入れた知恵です)
6.窓ガラスが割れても飛び散らないよう補強しましょう。
ここまでは主に戸建てに該当しますがマンションの場合は
ベランダのものを片付けるのは同じですが以外にも物干し竿や網戸が飛ばされてしまうので
室内にしまった方がいいそうです。

自然災害は避けられないので自分の身の回りは自分でやれる事をして被害を最小限にしたいものです。

詳しい詳細は下記を参考にして下さい。

https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/ame_chuui/ame_chuui_p10.html

リニュアル仲介、渡辺でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

修繕積立金の金額はどのように決まっているのか??

マンション購入を検討されている方は、管理費・修繕積立金の金額は必ずチェックされているかと思います。 では、どのくらいの金額が妥当といえ…

インスペクションに関するボタンの掛け違い その3

インスペクションに関する勘違いシリーズです。 今回は「調査対象範囲」という点についてご説明します。 インスペクションといっても、無制…

消費税増税に伴い住宅ローン減税の期間が延長される!?

今月上旬(2018年12月4日)、「政府・与党は住宅ローン減税が受けられる期間を3年延ばし、現行の10年から13年とする方向で最終調整に入っ…

長期優良住宅をご存知ですか。

長期優良住宅とは、長期にわたり良好な状態で使用するための措置がその構造及び設備に講じられた優良な住宅のことです。 長期優良住宅の認定を…

不動産のタックス・ヘイヴンをご存知ですか?!そもそも不動産(住宅)は消費増税前に買うべきか?!

エアトリという企業がは10月29日、消費増税に関する調査の結果を発表したようです。調査は10代~70代の男女1337人を対象に実施されました…

ページ上部へ戻る