© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

台風災害への備え!

最近、台風の発生が多く被害もふえています。
もし自宅のなにかが台風の影響で他の人や物を傷つけてしまった場合の責任は
所有者の責任になります。
そうならない様に家の周りを見渡してみましょう。
最近仕入れた情報をまとめてみました。
1.側溝や排水口は掃除して水はけを良くしておく
2.門扉は風で開いたり閉まったりしないよう頑丈なロープなどでしっかり固定しましょう。
3.庭の木の枝が敷地外にのびているようなら枝をしっかりロープで固定しましょう。
4.玄関前や庭の置物や植木鉢など家の中にしまいましょう。(車が横転する程の風が発生することがあります)
5.雨量が多い場合、排水菅の逆流が起こる場合があります。その場合は大きなビニール袋にお水を入れ袋の口は縛りトイレや洗濯機の排水溝や浴槽において置くと逆流が防げるそうです。(これはテレビやラジオで仕入れた知恵です)
6.窓ガラスが割れても飛び散らないよう補強しましょう。
ここまでは主に戸建てに該当しますがマンションの場合は
ベランダのものを片付けるのは同じですが以外にも物干し竿や網戸が飛ばされてしまうので
室内にしまった方がいいそうです。

自然災害は避けられないので自分の身の回りは自分でやれる事をして被害を最小限にしたいものです。

詳しい詳細は下記を参考にして下さい。

https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/ame_chuui/ame_chuui_p10.html

リニュアル仲介、渡辺でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

所有者不明土地の解決へ向けて一歩前進。土地を所有することの責任とは?

本年6月14日、所有者不明土地等対策の推進に関する新たな基本方針及び工程表が閣議決定されました。 <国土交通省>https://www…

ペットと暮らす不動産購入!おすすめリフォーム方法について

不動産購入時にペットを飼われている方は必ず、ペットを考慮した家探しをされると思います。 そこで、不動産購入時のおすすめリフォームについて解…

リフォームを「工事」と捉えるか「製品」と捉えるか

中古住宅を検討する際に欠かせないのがリフォームです。中古住宅の「汚い」イメージを払しょくできないと、「新築が買えないから中古」を脱却できませ…

2019 年5月度の不動産相場

公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2019 年5月度の不動産流通市場動向が発表されました。 以下、首都圏エリア…

自宅は夢のマイホームではなく、「運用資産」と考えるべき

最近お客様に案内する際には、「自宅といえども、売却することを考慮した方が良いですよ」と言うと、「ずっとそこに住むつもりだから、資産性など考え…

ページ上部へ戻る